« マリー・アントワネット | トップページ | ディパーテッド »

2007年1月21日 (日)

それでもボクはやってない

日本映画

監督:周防正行

出演:加瀬亮 役所広司 瀬戸朝香 山本耕史 もたいまさこ

「Shall we ダンス?」から11年ぶりらしい、周防監督の最新作で、日本の裁判制度を真っ向からとらえた話題の作品だけど、これが時間をかけただけあって、凄い完成度の面白い映画でした。

加瀬亮扮する主人公のフリーターはある日満員電車で女子中学生に痴漢に間違われて、警察に連行されるけど、犯行を全面否定し、起訴され、裁判で無罪を勝ち取るために戦うというお話。

ところどころにホッとする笑いは散りばめられているけど、これまでの作品に比べてコメディ度はグッと抑えられていて、とにかく警察の取調べ、留置所、検察での取り調べ、公判とひとつひとつ順を追って丁寧に分かりやすく表現することに細心の注意がくばられ、留置所にも裁判にも全く知識がなく不安と恐怖に押し流される主人公に限りなく近い視点から、作品の世界にドップリつからさられる。

とはいえ周防作品独特の軽快なタッチは失われておらず、メチャメチャ自然体でストーリーに入り込め、そこで描かれる裁判制度の矛盾(というより司法、捜査機関にいる人達の姿勢や仕組み)に驚き、怒りながら、笑ったり、ホロっとさせられる、かなり贅沢な作品に仕上がっている。

特に裁判官が交代してから、緊張感が一気に高まっていく展開はさすがで、ラストについても納得というか、ああやって終わるのがベストと思わせられた。

どこにでもいそうな男を演じさせられたらメチャメチャいい感じを出す加瀬亮はここでも凄くいい味を出していて、主演という大役ながら作品全体のトーンにすっすり溶け込んでいて、可哀相な主人公にリアルになりきっている。

その他のキャストもそれぞれピッタリで、法廷のシーンも「愛ルケ」のダラダラ裁判シーンと違って、まるで傍聴しているかの臨場感でみせてくれる。

いやあ、メチャメチャ勉強になり、日本の裁判制度について考えさせられたけれども、異常な満員電車もなんとかならないものかと改めて強く感じさせられました。

|

« マリー・アントワネット | トップページ | ディパーテッド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61564/5012294

この記事へのトラックバック一覧です: それでもボクはやってない:

» 「それでもボクはやってない」 [永遠の自分探し  って迷子やん!!]
「それでもボクはやってない」 ネタバレ、完全、ご注意あれ。 昨年観た映画で、一番観たのが加瀬亮です。(途中、映画レビュー書いてませんが。) 昔は嫌いだったのに、昨年ですっかりトリコです。 そんな加瀬亮は早速、逮捕。 「ハチミツとクローバー」の真山のイメージからストーカーではなく、痴漢です、痴漢。 私としては、加瀬亮は、主役級ではないけれど、 映画には欠かせない存在、どこまでもフツウの容姿やけど�... [続きを読む]

受信: 2007年1月21日 (日) 02時36分

» それでも ボクは やってない 観ました〜 [玉露 いかがです?]
それでも あなたは 通勤電車に乗りますか? それでも ボクは やってない(公式サイト)観ました。 いつもどおり安城コロナワールドでしたが 公開初日なのに8番シアターという仕打ち!(1番シアターが一番おっ... [続きを読む]

受信: 2007年1月21日 (日) 03時01分

» それでもボクはやってない [あきすとぜねこ]
    製作:2007 監督:周防正行 出演:加瀬亮、役所広司、瀬戸朝香、大森南朋、山本耕史、本田博太郎、    もたいまさこ、小日向文世、尾美としのり ストーリー> フリーターの徹平(加瀬亮)は、通勤ラッシュの電車で痴漢と間違えられてしまう。 無実であ... [続きを読む]

受信: 2007年1月21日 (日) 08時28分

» それでもボクはやってない [ネタバレ映画館]
主文、評価は満点とす。日本の裁判制度の矛盾点と冤罪事件で被疑者とされた者と弁護士による国家権力に抗う姿、それによって正しき主張をも蔑ろにしてしまう社会の醜さをも描いた本作は大いに評価できるものである。 [続きを読む]

受信: 2007年1月21日 (日) 20時47分

» 「それでもボクはやってない」 [ナナシ的エンタメすたいるNet]
ワーナーマイカル市川妙典で昨日公開した 「それでもボクはやってない」を観てきました。 「Shall We ダンス?」でおなじみの周防正行監督が、 11年ぶりの待望の映画は裁判を題材にした社会派ドラマ。 電車で痴漢に間違えられた青年が、裁判で自分の無実を訴える姿を、 日..... [続きを読む]

受信: 2007年1月21日 (日) 22時04分

» マトリックス時代の幕開け だれでもネット起業 [seesaa]
お勧めのネットビジネスツールを紹介 [続きを読む]

受信: 2007年1月26日 (金) 19時34分

» ヴァージョンアップされている「ガバチョ」 [天童よしおです]
稼ぎのカリスマ、石田健さんプロデュースの『ガバチョ!』ヴァージョンアップ!テンプレート大幅増量。 [続きを読む]

受信: 2007年2月22日 (木) 11時34分

« マリー・アントワネット | トップページ | ディパーテッド »